Windows10の電卓で、なぜか一部の環境のみ、×が入力できません。通常は、*(アスタリスク)を押すと×(かけ算・乗算)になるのですが、その環境では反応しません。

調べてみると、SHIFT+8で入力できます。これは英語キーボードとして認識されているのが原因らしいのですが、それ以外のキー・電卓以外のアプリケーションでは正しく日本語キーボードとして動作しているんですよね…

謎です。

 

Windows10でも、Windows7と同じ「Windowsバックアップ」の機能が使えます。

以前に、この機能を試してみて結局使わなかったのですが、一度でも設定すると「バックアップしていません」というような通知が定期的に表示されるようになります。

バックアップの設定を削除すれば通知は出なくなると思いますが、設定画面に進むためには、設定時と同じ状態(私の場合には、特定の外付けディスクを接続する)にする必要があります。私の場合には、その外付けディスクは既に内容を削除してしまったので、設定画面に進むことができない状態になってしまいました。

このような場合には、レジストリに保存されている情報を直接削除することで、バックアップの設定情報を削除できます。

続きを読む

つい最近(3月のWindowsUpdateを適用した後から?)、リモートデスクトップの画面やRemoteAppのウィンドウを最小化したり、他のウィンドウを前に持ってきたりすると、しばらくした後に操作不能になる問題が頻発しています。

RemoteApp: リモートデスクトップの仕組みを利用して、指定したプログラムの画面のみを別のマシンに表示し、透過的に別マシン上のプログラムを利用できる仕組み

呼び出し側、呼び出し先ともにWindows 10です。

ウィンドウを最小化しすぐに元に戻した場合には問題はおきません。しばらくしてから利用しようとすると、以下のような問題が起きます。

  • タスクバーのボタンを押しても元に戻らない
  • 画面の内容は表示されるが操作ができない(キャッシュしている画像が表示されているだけと思われます)
  • 画面が真っ黒になる

いずれの場合も操作はできません。リモートデスクトップであれば、ウィンドウを閉じて再度接続し直せば、再度利用可能になります。

Googleでいろいろ検索したのですが、同じ現象と思われる情報は見つからず、また参考になる情報もありませんでした。

イベントビューアにも何もログは出ないので通信関係が怪しいと考え、全く根拠はないのですが、以下の設定を変更してみたところ、再現しなくなりました。以下の設定は、リモートデスクトップの呼び出し元ではなく、呼び出し先のマシン側で設定します。
(直接操作している自分のマシンではなく、ネットワークの先にあるマシンに対して設定する)

続きを読む