以前に投稿した「PRESTIGE PS42でブラウザに対してGPUを有効にすると、無線LAN通信ができない問題」で解決したと思ったのですが、その後、WifiルータをGoogle Wifiに変更したら、また問題が再現しました。今回の問題は、Windowsのイベントビューアに「Netwtw06」の多数のエラーや警告が記録されていました。
(インターネットでいろいろ調査したのですが、この「Netwtw06」の後ろの数値は変わることもあるかもしれません。「Netwtw08」というのも発見しました。)

イベントID: 5010
Intel(R) Wireless-AC 9260 : ネットワーク アダプターは無効な値をドライバーに返しました。

イベントID: 6062
6062 – Lso was triggered

イベントID: 6105
6105 – deauth after EAPOL key exchange sequence

ただ、これらのエラーや警告も、Chromeを利用しようとした場合にのみ発生するようです。このエラーが発生すると、しばらくの間はWifiルータへの通信(pingなど)も一切できなくなります。

結局原因はわからないのですが、802.11ac(5GHz)を利用しているとこの問題が発生することがわかりました。以下のようにして、802.11a(2.4GHz)のみを利用するようにした結果、この問題は発生しなくなりました。

続きを読む

私は日本語入力にATOKを利用しています。ATOK以外は利用しないので、Windows10に付属するMicrosoft IMEは無効にしています。

最近、Windows10の1903アップデートを適用したら、またMicrosoft IMEが復活してしまいました。

一方で、下の画像のように、有効になっているのはATOKのみです。Microsoft IMEが存在しないので、削除する方法がなくて困りました。

この問題の解決策がわかりました。

続きを読む

PRESTIGE PS42を快適に利用していますが、以前に1つだけ困った問題がありました。それは、ChromeやEdgeなどのWebブラウザをGPUでの処理対象に指定すると、無線LANの通信ができなくなる(具体的には、DNSの参照が失敗ないしは非常に遅い)という問題です。

全く問題ない場合もあり、調査すると、バッテリーで動作している場合には問題ないが、アダプタを接続するとこの問題が起きる、ということがわかりました。そこで、Windowsの電源の設定などを調整しましたが、動作は変わりませんでした。また、インターネットで類似する問題がないかどうか調べたのですが、見つけることができませんでした。

続きを読む