iPhone SE2に既存の機種から移行する場合に途中で動作しなくなる問題への対処方法

最近、楽天モバイル(MVNO)からiij mioに移行し、その際にMNP特典でiPhone SE2の未使用版を購入しました。iPhone(iOS)は既存の機種からの移行が容易であることも特徴の一つですが、実際にはとても苦労しました。

具体的には、移行手順の途中にある最新のiOS(14.7.1)へのアップグレードが全く終わらず、移行ができないという問題です。なんとかして解決する方法を見つけたので、まとめておきます。

iOSで既存の機種からの移行の場合、新しいiPhoneを起動し、近くに移行元となるiPhoneを置くとデータを転送してくれる「クイックスタート」が使えます。このクイックスタートで移行する場合には、Wifi等の基本的な情報を転送後、iOSのアップデートが行われます。その後、アプリの情報などを転送します。(少なくとも同じバージョンにしないと移行できない)

しかし、このアップデートが、最新版のダウンロード後実行しても、いつまで経っても終わらないのです。私の場合には、3時間以上放置しましたが、進んでいるのか止まっているのかさえもわかりませんでした。ダウンロード後に「今すぐインストール」を押すと、その横で動作中をしめすアイコンがくるくる回り、ここから進みません。

インターネットで検索すると類似の状況は珍しくないようで、一度電源を切って再起動すればよいとのことで試してみると、確かに再起動すると進みました。が、実際には最新のOSのインストールはされておらず、その先の移行で失敗します。

これに対する対処方法は、以下の通りです。上記と同じ 再起動後に失敗パターンになった場合は、手順3から行けばOKです。 電源を切って再起動で上手くいかない場合には、工場出荷時の状態に初期化し、下記1の手順から進めます。

  1. 新規購入したiPhoneの電源を入れる。が、クイックスタートは使わず、AppやiCloudアカウントの移行はせず、全くの新規購入と同じ手順で進める。ただし、途中でiCloudのアカウントは入れず、作成もしない。(最終的に元のiPhoneの情報で上書きするので、指紋登録も不要。パスコードは設定する必要がある)
  2. これでデフォルト設定でiPhoneが起動できるので、最新のiOSにアップグレードする。
  3. 「設定」アプリを起動し、「一般」グループの下から2番目にある「リセット」を選択する
  4. そのリセットメニューの中の「すべてのコンテンツと設定を消去」を実行する
    (「全ての設定をリセット」はダメ。iOSも元に戻ってしまう。)
  5. 2回ぐらい確認のメッセージが表示され、消去を選択すると、再起動し、言語の選択(新規購入時の状態と同じ設定)に戻る。ただし、iOS自体は最新版が残っているので、今度は「クイックスタート」を実行してもiOSのインストールは省略され、問題なく移行できる。(iCloud経由など、他の方法でもOK)

もし同じ状況で困った人がいれば、ぜひお試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です