Google HomeとNature Remoを組み合わせて「常夜灯」をつける

Google HomeとNature Remoを組み合わせることで、赤外線リモコンで操作できる家電を音声で操作できるようになります。特に、布団の中から電気をON/OFFできるのはとても便利です。

赤外線リモコン機器と連動させるための方法はいくつかありますが、 メジャーと思われるのがNature Remoを利用する方法です。私自身がいくつか試した限りでは、製品の完成度・アプリの操作性・価格などでNature Remoが一番良いと思います。(すでに3個買っています)

Nature RemoはGoogle Homeとの連動も全く問題なく、電気のON/OFFの制御は簡単に行うことができます。
(その方法は多くの情報がありますので割愛します。)
ただし、ON/OFF以外については簡単に連携することができません。具体的には、「常夜灯」に音声で設定できないことが困りました。

Nature Remoは天井照明であれば、リモコンのボタンを押すだけで機種などを自動認識し、最適なボタン設定にしてくれます。しかし、この設定では、どうしても、Google Homeを通して音声で常夜灯に設定できませんでした。
(寝る際に、完全に消すのではなく常夜灯にしたい)

試行錯誤した結果、このNature Remoの自動認識での照明設定ではなく、その他の機器としてリモコンのボタンを登録します。登録するボタンは、全点灯と常夜灯の2つです。そして、この2つについて、Google Home用のON/OFFアイコンを割り当てます。
(これらのアイコンを割り当てると、Google Homeと簡単に連動します。)

このように、無理矢理OFFを常夜灯にすることで、音声で制御できました。もちろん、今度は完全に消灯ができないのですが、それは壁のスイッチを利用することで妥協しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です