H Bandアプリの初期設定

このスマートウォッチを利用するには、H Bandというアプリが必要です。しかし、説明が少なく、また日本語訳が怪しい(おそらくは機械翻訳そのまま)ため、気になる点が少なくありません。

その中で、気づいたことのメモです。まずはインストールと初期設定編です。

インストールすると、最初にメールアドレスとパスワードの入力になります。しかし、この登録が何なのか、何のメリットがあるのか全くわかりません。画面下にある「アカウントログイン」を押すと先に進めます。
(結局、登録する必要性やメリットは今もわからない…)

最初にいくつかの内容を入力する必要があります。しかし、その内容がどのように利用されるかが明記されています。以下、推測です。

  • 肌の色
    肌の色を聞かれるのは珍しいのですが、これはおそらくは血圧・心拍数の測定機能で利用されます。これらの機能を実行すると、スマートウォッチの背面から強い光が出て、同時にセンサーで計測します。その際にの補足に利用されると思われるので、自分の肌に近い色を選択する必要があります。
  • 生年月日と性別
    これは何に利用されるのか、わかりませんでした。気になる方は、正しい情報でなくてもよいと思います。
  • 身長と体重
    これは消費カロリー数の計算に利用すると思われるので、正確な値を入れた方がよいでしょう。
  • 目標の歩数
    歩数計がついていますので、その目標値です。適当でよいと思いますし、後から変更もできます。
  • 目標の睡眠時間
    これも適当でよいと思います。睡眠時間測定をする場合には、この値との比較で、よい・悪いの評価が表示されます。

上記の内容の入力が完了すると、メイン画面が表示されます。

 

次に、スマートウォッチとの連動を行います。必要なことは、Bluetoothが有効になっていることと、GPSが有効になっていることです。
(ただし、GPSはどのように使っているのかよくわかりません。ある程度同じ位置にいる場合には連動可能とするのかもしれませんが、Bluetoothで接続できる範囲内ということであれば、GPSの精度では、詳細に位置を判定することは難しいと思います。)

スマートウォッチの電源を入れるのは、画面の上端か下端を5秒くらい長押しします。最初は、1時間遅れの時間が表示されます。

連動自体は、表示されている画面内・上部の赤色の「接続されていません 接続デバイスをクリックしてください」の部分をクリックし、表示されるデバイス「V07S」を選択するだけで、しばらくすると接続が完了します。

最初の接続時には「このデバイスはまだバインドしていませんが、バインド成功してからクラウドにアップロードできます」というような感じのメッセージが表示されます。これも、何を聞いているのかわかりません。表示されるメッセージに「いいえ」を押すと、その後も繰り返し聞かれるので、「はい」を選択しました。

とりあえずこれで初期設定が完了です。

その後、通知の連動設定などを行います。これは次回で。

 

注意点として、スマートフォンの通知をスマートウォッチ側に伝えるためには、このH Bandアプリがバックグラウンドで常駐する必要があります。これがちょっと気持ち悪いのですが、動作の仕組みを推測すると仕方がないのかな…と思います。

2コメント

  1. 歩数計の設定方法について  正確な歩数が表示されない。一歩あたりの距離(歩幅設定)の方法は?

    1. コメントありがとうございました。

      私が知る限りでは、距離の設定はないようです。1歩としての判定は、おそらくはスマートウォッチ内部のセンサーで判断していますので、腕の振り方によっては1歩として認識されなかったり、複数歩として認識されたりすることもありそうです。

      それでも、100歩くらいの誤差をゆるせば、それなりの値が表示されていましたので、私は、おおよその歩数と距離の目安として使っていました。

      ご参考になりましたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です